便秘改善方法で悩んでいる方、多いと思います。私もその一人です。しかも、なかなか相談できる人もいないんですね。恥ずかしい・・・少しでもあなたの便秘改善方法に役立てば幸いです。

スポンサードリンク

長年、便秘に悩む方の少しでも参考になれば・・・

女性を対象にした調査では、便秘気味といいマス人も含めて、全体の約40%を越える人が便秘であると答えておりマスと調査結果が御座いマス。
このように耳によく聞く「便秘」ではございらっしゃいマスが、はっきりな定義といいマスものはなくて、一般には3~4日以上便通がないものを便秘と呼んでいマス。で、ですが、いつも便通があっても其の量が少量で、腹部膨満感・残便感・食欲不振・全身倦怠感・頭痛・腹痛・めまい等の自覚症状があるものは便秘と言えマス。
結局、排便・便通に不快感を伴うものは便秘といって差し支えませんようですね。

便秘を改善するために、どうして便秘になるのかを、まず知っておきましょう。
便秘の原因には、水分不足や食物繊維不足、腹筋の筋力低下、排便欲求の我慢、ストレスなどが御座いマス。

1.水分不足
正常な便の約80%は水分といわれていマス。体内の水分が不足しマスと、便の水分も吸収され硬い便となり排便がし辛くなり便秘を起こいたしましょう。
2.食物繊維不足
食物繊維が便のかさを増やしてくれることで、腸を刺激してぜんどうスポーツを活発にさせ排便を促してくれマス。

同じ理由で食事の量其のものが少ないと便の量自体も減り、腸への刺激もぜんどうスポーツも弱くなって便秘を助長いたしましょう。
3.スポーツ不足
腹筋が弱まることで腸のぜんどうスポーツも弱くなってしまいマス。しかも、腹筋は便を押し出す力のためにも必要ですね。
4.がまん癖
直腸に便がたまると其の刺激で便意が起こりマス。便意を感じた時に近くに忙しかったり、恥ずかしかったり等の理由で我慢してしまうことが続くと、直腸が次第に刺激になれてしまい、便秘になってしまいマス。
5.ストレス
腸のぜんどうスポーツを左右する自律神経の副交感神経が、ストレスで乱れてしまうことで、ぜんどうスポーツも乱れて便秘を起こいたしましょう。
不規則な生活、睡眠不足もストレスとなりマス。
6.其の他
病気やケガが原因で便秘を起こす場合も御座いマス。しかも、薬の副作用での便秘も御座いマス。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

便秘改善方法伝授:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://biyou.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。